神戸牛のレストラン

神戸の食べ物はと言われて、何が連想できるだろうか。
神戸牛は出てこないか?名前に神戸がついているくらいだし、容易くイメージできると思われる。

神戸牛は元々但馬牛という名前がついているのだが、その但馬牛の中で最も品質が良好なものは神戸牛という名前が付けられる。
つまり但馬牛のレベルアップということ。
肉質も厚みも味も申し分ない。相当なお値段がするのは間違いないのだが。
そんな神戸牛を取り扱うレストランは当然、神戸に多い。
神戸のみならず、兵庫のあちこちなら神戸牛を扱っているレストランは多いだろう。
鉄板焼きとして提供するところもあれば、ステーキとして完成したものを運んでくるレストランもある。
中には神戸牛を使ったハンバーガーだって存在する。

何も神戸牛だからといって兵庫にしかないわけではない。
大阪や京都にだって神戸牛を取り扱ったレストランは存在する。しかし数はどうだろう。
大阪や京都にあるレストランはきっと大した数じゃない。あまり見かけないから。

神戸の三宮や元町のような繁華街にあるレストランは、
神戸牛をメインに扱っていなくてもメニューに神戸牛が含まれていたりする。
それくらい、神戸牛は身近な食べ物なのである。高いけど。